2012年05月21日

これ以上無いシンプルなガラス棚

以前書いたフローリングのリペアのついでに同じ美容院のトイレに付けたガラスの棚の写真を撮って来ました。
IMG_1402.JPG
トイレのペーパータオルを置くためだけに付けた物です。

壁からガラス板が飛出しているだけのきわめてシンプルな物です。

が、シンプルな物程手間がかかります。
ガラスを保持するための木工物を壁に埋込んで、塗装で壁と同一化してそこにガラス板を差込んで水平を出してコーキングで固めると言う店舗ならではのノウハウで取付けられています。

IMG_1403.JPG
さらに、このガラスは高透過ガラス、ミュージアムガラスとも呼ばれる透明度の高いガラスで、写真の様に小口が普通のガラスの様にグリーンではなくスッキリした印象になります。


posted by CCJ at 17:42 | Comment(0) | 色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フローリングのリペア

本業の方でちょっと特殊な工事をしました。

10年程前に美容院の床にそれまで貼ってあった住宅などによく使われているベニアタイプのフローリングの上に19mmのオークの無垢のフローリングを貼ったのですが、半地下で湿気がこもりやすい場所のせいもあって無垢材の伸縮が大きく、接着が切れて浮き上がってしまいました。

本来であれば木栓ビス止めをする必要の有る工事なのですが、意匠上許されず、今回も同様NGです。

が、今回の場合ビス止め以外にわがままな無垢板君を押さえ込む方法が無い。
で、初めてビス頭を木栓ではなくリペアで処理する方法を取る事にしました。

IMG_1404.JPG
まずはビス止めです。
旧フローリングの下のスラブに対してビス止めしてあります。
よく見るとわかりますが、ビスの廻りはリペア材がフローリングになじむ様に彫刻刀で細かい溝を突いてあります。

IMG_1406.JPG
リペア材はドイツ製のハードワックスと呼ばれる物です。
コテで溶かして充填して行きます。
数色を混ぜ合わせてフローリングに色を合わせます。

IMG_1407.JPG
最後に木目を書き、ツヤを合わせて完了です。
写真だと少し補修跡がわかるのですが、目視ではほとんどわかりません。

元々アンティーク調にするため少し荒い材料を使っているので補修箇所を探すのもなかなかなくらいの仕上がりになりました。
タグ:リペア
posted by CCJ at 15:53 | Comment(0) | 色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。