2012年03月19日

壁に棚を付ける方法

問合せがよく有るので、壁に棚を取付ける方法と注意する点を書きます。

wall shelf.jpg
こういうのカッコイイですよね。

この棚はたぶんIKEA LACKのウォールシェルフだと思います。

他にもIKEAのホームページで<ウォールシェルフ>で検索すると色々出て来ます。

価格もお手頃なので夢は広がるのですが、 取付けには色々とクリアしないと行けない問題が有るので注意して下さい。

IMG_1350.JPG
まず始めに
「ここに棚を付けたい」と思った壁に押しピンを刺してみて下さい。

刺さらなかった場合はコンクリートの壁です。
マンションの隣の家との間の壁などはこの場合が有ります。
コンクリートの壁にビスをもむには専用のドリルが必要になりますのでDIYには向きませんが、逆にそれさえ有ればその壁のどこにでもかなりしっかりと物を取付ける事が出来ます。

押しピンが壁に刺さる場合は<石膏ボード>という板で出来ています。
この石膏ボードにはネジが効きません。

石膏ボードは2通りの方法で貼られています。

壁の断面.1.jpg
軸組工法

柱にビス止めをする方法で、木造住宅の壁やマンションの間仕切り壁に用いられます。
柱は木製の場合と金属製の場合が有ります。
柱の間隔は約30cmもしくは45cmのどちらかで立てられています。
横方向にノックして等間隔で音が変わる場合はほぼこの建て方です。
この場合、縦方向にノックしても音は変わりません。

壁.2.jpg
GL工法

躯体にボンドで貼る方法で、マンションなどの外壁に面した壁などに使われる工法です。
団子状のGLボンドと言われる物を約20cm間隔に施して貼付けます。
この工法の場合、柱で立てる方法と違って縦方向にノックしても音が変わります。

まずは軸組工法の壁に棚を取付ける方法です。

ブラケット.jpg
基本は棚受けを間柱にビス止めする事です。

間柱の探し方
1.壁をノックして大まかに位置を把握します。
2.<どこ太>などの下地探し工具を使って間柱の位置を正確に把握して下さい。
-a.柱の幅が判るくらい正確に拾って下さい。
-b.間柱は傾いている場合があるので、取付ける高さの位置で拾って下さい。
3.本止め以外の場所に実際ビスをもんでみて下さい。


間柱は木製の場合と金属製の場合が有ります。それによって使用するビスが異なりますので確認して下さい。磁石がつけば金属製です。どこ太にはマグネット付きの物が有ります。
木製の間柱には木用のビス、金属製の間柱にはタッピングビスを使います。
金属製の間柱は薄い金物で出来たパイプなのでネジを締めすぎると空回りしてしまうので注意が必要です。

ズレ.jpg
厄介なのは棚受けの取付け間隔が決まっている製品です。
この場合両方の棚受けが柱の位置に来るのは奇跡です。
柱の来ない方に<ボードアンカー>を使う方法も有りますが、重い物を乗せる場合はお勧めできません。特にIKEAのEKBY BJÄRNUM ブラケットなど、縦のビス止め間隔が狭い製品はNGです。

lack.sh.jpg
ちなみ文頭の写真に写っているLACKのウォールシェルフはこの様に取付けます。この取付け方ですが、どう見ても強度より見た目を優先しています。ホームページでは最大荷重5kg〜15kgとうたっています。つまり、これは飾り棚です。下地にしっかり止めても本棚として使うのはお勧めできません。さらに言えば、棚受け用のパイプの脇に4ヶ所のビスドメ用の穴が有りますが、間柱の太さは通常4.5cm程しか無いので4ヶ所全てのビスを下地に効かす事が出来ません。つまり、下地にしっかり止める事が基本的には出来ません。

IMG_1032.JPG
この写真は私が設計施工させて頂いた吉祥寺東急内のアパレルのショップです。この様に壁から突き出す棚を取付ける場合

ブラケット.2.jpg
通常はこの様な棚受けをあらかじめ壁の中に仕込んでおきます。
正面からビスをもむと棚への荷重は常にテコの原理でビスを抜こうとする力になるからです。

sh.jpg
話しが少しそれましたが
LACKのウォールシェルフユニットの場合はこんな方法で取付ける方法も有ります。

何処にでもビスが効くパインの集成材(18x250x1820)などを先に下地にビス止めして、そこにウォールシェルフユニットを取付けます。板は壁に近い色で塗装すれば見た目もそれほど損なわずに本を置ける程の取付け強度を出す事が出来ます。

ここでもIKEAの?ですが、このウォールシェルフユニットは壁に取付けるビス穴が3ヶ所しか有りません。重たい物を乗せるのであれば取付け用の金属板に穴をあけてもう3ヶ所止める事をお勧めします。

この様に棚一枚取付けるのも簡単には行きませんが、それでも軸組工法の壁は工夫次第で色々な取付け方が考えられます。
厄介なのはGL工法の壁です。GLボンドは固まると端でなければビスが効きます。が、縦横ともに隙間が有るのでこのGLボンドが棚受けの全てのビス位置に来る、もしくは持って行く事は考えられません。

なので基本DIYでGL工法の壁に棚を取付けるのは無理だと思って下さい。
コンクリートの壁の場合と同じですが、GL工法の壁の場合も振動ドリルを持っていれば話しは別です。

GL.jpg
唯一、先のLACKのウォールシェルフユニットの取付けの様に広い面で下地となる木板を取付けた後に棚を付ける方法は可能です。木板の面が広ければGLの場所がランダムでも数カ所は板の範囲に入って来ますから、その部分でビス止めが可能になります。
A寸法未満の出来るだけ長いビスで出来るだけ横一線にならない様にビス止めして下さい。


posted by CCJ at 09:12 | Comment(0) | 色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。